Japan Smart Cities Alliance

最新情報 / What's new

Global Technology Governance Summit, Tokyo 2021

The World Economic Forum is hosting its first Global Technology Governance Summit this April in Tokyo. The G20 Global Smart Cities Alliance will be hosting several sessions at the summit, where you can learn more about the activities of the Japan Cities Community and the most prominent smart cities initiatives Japan. If you are interested in participating, please register at weforum.org.

GTGS Side events/GSCA Japan Summit Archives

GSCA Japan Summit / Mayors sessions

Urban Innovation in Japan

概要日本では、スマートシティやデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた取り組みが拡大しています。また関連市場は年々増加し、7,900億円(2019年)に達しています。その一方で、テクノロジーを導入するにはいくつかの課題があります。例えば、プライバシーやセキュリティといった公共性の高い懸念をどのように解決するのか?市民の参加をどのように促進すべきか?スタートアップ企業の間でサブスクリプションモデルが一般的になると、地方自治体は調達方法を変える必要があるのか?本セッションでは、Global Smart Cities Alliance Japan Communityに参画していただいている自治体の市長の方々と一緒に、将来のテクノロジーガバナンスモデルについて議論します。

Toward a Citizen-Oriented Resilient Smart City

概要:近年、日本では台風や水害、地震などの大規模災害が頻発しています。特に災害発生時には、COVID-19による対応と効率的な避難活動が必要であることがわかってきました。
このような災害から人々の生活を守るためには、テクノロジーをどのように活用するかという新しい考え方が必要です。人々の状態や状況に応じてパーソナライズされた情報を提供することは、その一つです。
本セッションでは、産官学におけるスピーカーが、過去の災害から得られた教訓や、社会をより強くするためのテクノロジー活用の将来像を語り、持続可能な開発目標(SDGs)の本質的な考え方である「誰一人取り残さない」を実現するためのテクノロジー活用の可能性を議論します。本セッションでは、日本での最近の取り組みや実践例も紹介します。今後の災害リスクの軽減や、市民主体の災害に強いスマートシティの実現に向けて、聴衆とのインタラクティブな議論を行っています。

English summary → coming soon

日本語版レポート → こちら

Innovation for Healthy Ageing

概要「最大多様の最大幸福」 これは、データやAIによって個性化やインクルージョンが実現可能になった社会において重要な概念です。超高齢化社会において、テクノロジーやデータはどのようにして最大の多様性と最大の幸福を実現するのか。超高齢化社会である日本の事例をもとに議論していきます。

日本語版レポート → こちら

 

Putting Human Connection At the Heart of Smart Cities

概要:急速な都市化に伴う課題に取り組む政府は、断片的なインフラやサービスを合理化して質と効率を向上させるスマートシティ機能に注目しています。スマートシティは、効果的に実施されれば、接続性、ビッグデータ、スマートな管理システムを活用して、既存の問題を改善し、将来の需要に対応する力を持っています。
スマートシティの開発には、多額の投資と官民一体となった取り組みが必要です。効果的な連携には、適切な専門知識、資金、ガバナンスが存在することを保証するパートナーシップが必要です。参入障壁が低くなれば、企業はスマートシティへの取り組みを行い、特にデータへのアクセスと所有権の分野で、開発を通じて新たな収益源を構築することができます。
 
English summary → click here

 

Super City Initiative

概要:2020年5月、日本では「スーパーシティ法」が制定されました。この新法は、都市のデジタルトランスフォーメーション(DX)のために、官民の連携を強化することを目的としています。スーパーシティに選ばれた都市は、医療、教育、エネルギー、防犯、自律走行車を含む交通などにAIやビッグデータを導入します。また、地域内のサービスやテクノロジーを調整する権限を持つ「スマートシティアーキテクト」を任命します。本セッションでは、候補となるアーキテクトをお招きし、スマートシティ実現に向けたガバナンスにおける課題について議論します。
 
English summary → coming soon

日本語版レポート → coming soon

GSCA Japan Summit

Open Data Ecosystem as the key Enabler to Smart Cities

概要世界の自治体ではデータ・エコシステムをスマートシティ成功の鍵ととらえ、オープンデータへの取り組み方をアップデートしつつあります。公開自治体数の増加や各地でのハッカソン開催など、課題を抱えつつも着実に前進してきた我が国のオープンデータへの取り組みが、さらに一皮むけて地域のスマートシティ活動発展の基盤となるためには何が必要か、どんな進め方があるか?を議論します。

English summary → click here

日本語版レポート → こちら

※English subtitle available from Settings-button.

What should be a legal entity to realize a smart city?

概要スマートシティの実現に向けて、自治体主導、民間主導、マルチステークホルダーによる取り組みなど、さまざまな取り組みが始まっています。スマートシティを実現するための法人格はどうあるべきか、新たな法人格の可能性も含めて議論を深めていきます。
English summary → coming soon

日本語版レポート → coming soon

Smart city with Trust

概要:スマートシティとは、都市の様々な課題をデジタルテクノロジーで解決することを目的にしています。スマートシティやデジタル技術の導入を成功させるためには、市民の理解が必要です。市民がスマートシティに対して信頼を築くためにはどうすればよいのでしょうか。本セッションでは、日本のスマートシティの事例を共有することで、「信頼のあるスマートシティ」を探ります。

 
English summary → coming soon

日本語版レポート → coming soon

ICT Accessibility and Smart City in Japan

概要:「誰も取り残さない」スマートシティを進めるためにはあらゆる障がいを持つ人々に対するICTアクセシビリティの確保は不可避であるといえます。近年日本でもICTアクセシビリティに関する様々な取り組みが行われている一方、まだまだ多くの課題や論点があります。本セッションでは、アクセシビリティの第一線でご活躍されている専門家の方をお招きし、法制度や行政、民間事業など複数の切り口からスマートシティとICTアクセシビリティに関するディスカッションを行います。本セッションを通じて、そもそもICTアクセシビリティとは何なのか、日本におけるICTアクセシビリティの現状や課題、今後へ向けた思いなどをお届けいたします。
 
English summary → coming soon

日本語版レポート → こちら

Does energy democracy make smart cities sustainable?

概要地域の総生産量の5%を占めるエネルギーの購入コストを削減し、その収益を新しいサービスに再投資することが、スマートシティプログラムを持続させる鍵となります。本セッションでは、電源を地域内で所有・分散する分散型エネルギー技術に着目し、エネルギーの民主化が地域経済に与える影響について議論します。
 
English summary → coming soon

日本語版レポート → coming soon

Round Table Discussion

概要:GSCA日本支部では、昨年5月の第1回定例会以降、12の自治体と協力して、各都市の取り組みの共有、グローバルネットワークでの情報共有、モデル施策の開発・導入など、さまざまな活動を行ってきました。本セッションでは、GSCA日本支部の皆様と一緒に、今年はどのような取り組みをしていくのかを話し合います。
 
English summary → coming soon

日本語版レポート → coming soon

各モデルポリシーについて / Policy Roadmap

以下より、Global Smart Cities Allianceで策定した各モデルポリシーの日本語版をダウンロード頂けます。

You can find links to the first five model policies translated into Japanese below:

 

GSCA 日本支部 / Japan Cities Community

世界経済フォーラム第4次産業革命日本センターは、日本のスマートシティ各都市をサポートしています。現時点では、以下の都市が参画しています。

Cities in Japan are supported by the World Economic Forum through a dedicated team based in C4IR Japan. Cities actively engaged in this community are shown below.

参画方法 / Get in touch

G20 Global Smart Cities Alliance (GSCA) 日本支部に参画することで、

  • 新たなモデルポリシー策定のためのワーキンググループに参加いただけます。
  • 日本の各都市が、寄り良いポリシーを実装することを手助けするサポートネットワークに参画頂けます。
  • もし、あなたが自治体職員である場合、GSCA日本支部の都市コミュニティにご参画頂けます。

 

上記コミュニティへの参画にご関心がある場合は、GSCA事務局の平山 雄太までご連絡ください。

 平山雄太  yuta.hirayama@weforum.org

If you would like to engage with the G20 Japan Smart Cities Alliance, you can:

  • Join our Working Group of policy experts to develop new policies;
  • Join our Support Network to help Japanese cities implement better policies;
  • If you are a government officer, you can join our cities community.

 

If you are interested in joining this community, please get in touch with Yuta Hirayama in the Alliance Secretariat, at 

Yuta Hirayama:yuta.hirayama@weforum.org